スクリーンショット 2022-01-04 15.48.37.png
 

医学論文

尾島賢治先生の医学論文を掲載しています

インビザライン矯正の歴史はまだ浅いですが、世界の先進国ではすでにインビザライン アライナー矯正治療の実績は認められています。それがこれらの論文です。我々も、2006年から取り組んできたインビザライン矯正治療の臨床成果を次の患者様に繋げるために論文にして世界的に発表をしています。

Accelerated Extraction Treatment
with Invisalign

2014年8月

4本の抜歯症例のインビザライン矯正治療についてJCO(journal of clinical orthodontics)にて発表しました
JCO
K.OJIMA, DDS, C.DAN, DDS
S. OHTSUKA, DDS, PHD, W. SCHUPP, DDS

Accelerated Invisalign treatment of patients with a skeletal Class III

2017年1月

骨格性反対咬合のインビザライン矯正治療のカモフラージュ治療について掲載しています。TADとインビザラインを使った1症例を掲載しています。JAO(Journal of Aligner Orthodontics)は世界で唯一のアライナー矯正治療の専門誌です。

JAO

W.SCHUPP, J.HAUBLIH, K.OJIMA

Correction of Severe Crowding
in Teenage Patients Using
the Invisalign System

2020年7月

10代の小児のインビザライン矯正治療についての論文です。非抜歯にて叢生を改善した14歳女性の症例を掲載しています。
JCO
K.OJIMA, DDS, MDSc, C.DAN, DDS
Y.KUMAGAI, DDS, H.WATANABE, DDS, PhD
R.NANDA, BDS, MDS, PhD